2015年06月28日

◎夢日記 東映とその帰り道


◎夢日記 6月13日 東映とその帰り道

白昼夢?!リアルな夢だった‥

繋がってるけどパートを分けて書こう
その壱

image.jpg

東映動画に行ってた(最後だったからか?)夢の中では終わりで無くて
バリバリ現役?なのでした

image.jpg

階段に知ってる人が(若い女性)居たが‥?トムの時のKすみさんかも知れない
なんで此処に?と思ったがもう覚えて居ないだろうな、と何故か思った、
(そんな感じで数人を見かけた‥)

image.jpg  image.jpg

image.jpg   image.jpg


2階の主だった所を通って歩いてた、その中には電車線路図も張り出されて
「ここはニュースステーションみたい、
こんなコトもやってるんだ〜」と思いつつどんどん奥へと行くと ?
外れた(新館から行くと休館の出口に)一画で丸山さんを見かけた、、
あれっここで仕事してるの?おかしいな

よく見ると川尻さんも居たので挨拶をしたら現在長編進行中らしいのが分かった
何故ここで?も有ったが成り行き上こうなったらそれをリアルに受け止めた
そして良く良く見ると(あれっ?このレイアウト前に俺が描いたヤツだよ‥?)
2枚同トレスするのが(ブレないように)合成にした方が良いか?とか話してた
今更ながら自分の描いた部分的チェックをする羽目になった(笑)

image.jpg   image.jpg

そんなコトをしてる間に若い女の子が見学に来た!川尻さんも俺も気にしてたがその川尻さんを素通りして行っちゃうものだから「何でこっちに案内しない!!)と見学担当者(そんなモノは無いが)に文句を言うと、、
見学には一万円かかるのでコースが有るのだ、と説明された、
(えー1万円なの〜〜)と俺もびっくりしたよw では半分しょうがないねと話すなどしてたら
あれっ?

横にはあの人が座ってた?!



image.jpg ←60年代当時のKKさんと学くん

木村(圭市郎)さんが居たのだ、

どうやら次の打ち合わせの為来たようです。

image.jpg


足元に注目した 靴先が小さく異常に丸いのだ、こんなに小さかったっけ‥?
その足先を気にして覚えながらも邪魔しないようにと 東映を出ることにした
何しろ見るだけで一万円、一万円と(笑)思いながらそっと出て‥

何時もの裏道から帰ることにした。

image.jpg

夢のその弐へ


image.jpg





その弐


東映の裏道りからの帰りみち


image.jpg


(あの仕事、そう言えば請求して無いね〜今度請求しよう 金額わずかでも助かるしね‥)
と、あくまで夢はリアルなのでリアルに考えてる自分がいる‥

この道……
ん?
こんなに狭かったっけ…??草ぼうぼうで
道はばが異常に狭く感じるよ

坂道を登った辺りの左手の角の家が空き家っぼい(二階家)
ガラス越しに映る風景をスマホで撮った
あれっ?このスマホ誰んだ‥??形が大きいよ

誰かと間違えて持って来てしまったのだろうか?

image.jpg

サイレンが音だけ聞こえて来る 多分救急車‥


その先の十字路を過ぎた辺りではもう夕焼けだった
1枚空と自撮りを2枚撮ると写真が怪しい、何故かゴースト(亡霊)が入ってしまいボケる
(これやっぱり自分のじゃ無いみたい‥)

今日はこの先に有る喫茶店に寄ることにしようかな?などとぼんやり考えつつ歩いてたら
一階が倉庫のようで(人の住んでないような)
その家の上の窓に映る雲が美しいので撮ってると空き家と思ってた暗がりから
女の人がこちらを見て(クスッと笑った)

その流れで少し話すことに
(どうもゆーほーらしいのが通ってたので‥)
とかナントカ言って、「そうなのですか?」と女性

反対の空を指さす自分、(あ、あれは?残念航空機編隊のようだ)
この辺は変な所が有りますね?と自分が説明する、

今通った十字路辺りの磁場と霊気が変ですよね?と言ったが
「始めて聞きましたそんな事が言われてたのですかー?」

関心を示してくれるその女性の知り合いの男性(複数人)も混じってその怪しい空間だと言うことと
空のゆーほーの話を紙に書いて説明し始めた辺りで目が覚めた、


image.jpg


何とも何とも鮮明な夢だったのだが目が覚めないとしたら もしかして
その先に何が待ってるのかが とても気になる夢でした。

image.jpg



でも楽しかった、リアル東映動画とその帰りみちの
夢なのでした。

ー 東映とその帰り道 ー(の夢) おわり(笑)

記録 : 6/29 大橋学 (MAO)


続きを読む
posted by Mao-san at 06:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月21日

足跡猫に付けた名は た行と ぱ行 が多かった‥?チュッ


足跡猫に付けた名前は た行 または ぱ行が多かった‥?チュッ

それはどうしてかな?単なる偶然なのかまだ解らない、、
チャッピー、チル、ピッキー&ポコりん(笑)たちつてと ぱぴぷぺぽ ペポ?
あ〜口を閉じてからパッと開くインパクトか‥面白いからなのだ

ピッキー(お父さん)黒猫には密かに惚れている。

image.jpg

子供たちには猫を連れて来ちゃ駄目と言っていた後に、さあ出会ってしまった黒猫くん。苦肉の策として(あれ〜?洋服の中に紛れ込んでしまった)と言い訳をして飼うことに、性格は温厚だが気まぐれな所がたたり別宅を2ツも持ち「クロちゃん」とか「○×△ぴゃん」とか呼ばれていた。(別宅で撮られた在りし日のピッキー)

補足:恋は水色の歌手「ビッキー」から来てるのかも知れない。


ポコりん。2度も子を産んでいるのでりっぱなお母さんと言える。

image.jpg

性格はキツイと思う若き青春時代は(近寄るな!この野郎ー!とピッキーに罵声とパンチを喰らわしてたのに…たのに?
何故か夫婦に成ったらしい、(と言うのもどちらもハーフなので生まれた子がバラエティに富んでいたのと、その後の様子→子を見守るなどを見て夫婦と認定した)

2度も産んでいるが子を見切るのも早く(旅立ちを急がせる子育て方など)

補足:自宅で初根さんが子供の絵の教室をやっていて毎週月曜はポコりんにとって居場所が人間の子供たちに家が占領されてしまい、心なしか(いやかなりに)怒って居るのだ(そんな表情してます)
心が渇いて居る故か何気に近寄った初根さんがガッ!っと手の指の間を引っかかれ酷く血が出てしまい動揺したことも有った
ポコりんのお産にはすごく協力的に立ちあった初根さんです(心が傷ついたのは言うまでもない)

ポコりんの一生とは?どうなの?答えてはくれないが最後は枯葉の溝に埋まり固くなる寸前に発見し看取ることはできたから
良しとします。


その子供たちのふぉと

image.jpg

4匹と4匹の2回だけ 春と秋に生まれている。中にペルシャ系の真っ白さんが2匹いて生後3ヶ月時に同じ人が2匹とも引き取って貰いました(両方オス)やはり貰われるのはオスとなりメスは貰われにくいのです。


ポコりんの子 →瓜二つの子ねこがわが家に残ったうちの一匹狼
それが

チロりんです(メス) 他に 三毛のミミと白いハルちゃんが残りました(みんなメス)

チロりんの性格は初根さんも大好きだったように(やんちゃだが)さっぱりしててとても可愛いです。ずぅ〜と可愛がられてはいましたが人間には媚びない感じで兎に角抱かれるのが嫌いでしたよ、この辺はとても母親似なのでしょう


image.jpg

長生きはしたのですが、最後は縁側下に隠れるようになり(数日間つづいて)ご飯の食も細くなっていつの間にかもう探せなくなった(親のように枯葉か?と探して見たがもう姿は…)


沢山居たので猫のことを書けばキリがないね‥(ベストオブキャットなんてのも有るが一匹一匹には名前もありそれぞれの良さが有るからそれをしたら猫たちに悪いのでやめますねあせあせ(飛び散る汗)w)


image.jpg


何で た行と ぱ行の名が多いのかは不明のままだが 名前は理屈じゃないから
フィーリングのままにで良いよね?
一つだけ言えるのは猫を最初に見た印象から たか?ぱか?一文字が無意識に飛んでくるので そのあと下の方は滑らかに呼べるように「りん」とか 語尾を長くして「キー」と付けて居るのだが

中には娘たちが名付け親になった猫たちも居るんですよ
何しろいっぱい居たのでね(五右衛門?だったか笑 白黒ちゃんも片目くんも居ました)長くても困るので今回の猫の名の話は終わりにします、
またのきかいは?有るかは分かりませんが ひとまず終わりです。


↓亡き妻の初根さんが描いた猫たち(そっくりです!)どれがどれなのかは当てて見てください(笑)

image.jpg


2015-5/21 大橋学(MAO)


posted by Mao-san at 21:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

日記 雨の日のギオン それはしんぷるに‥

日記  *2015-4/14 雨の日のギオン 

それはしんぷるにはじ魔った‥

やくそくの阿佐谷に向かう

image.jpg


早く着き過ぎたので時間までさんぽ(雨なので屋根の有るPセンター街へ)

5/7トークショーの前売り買えないかとLOFTに寄って見る
電気消えててまだ開いて無いみたい?
少しドア開いてたので覗いて人が居たので確認したら券の直売りはして無いと(ファミマでの購入方法を教えて貰えた)

ぶらぶらついでに小物に惹かれ【ねじめ】に立寄る
欲しい和財布、がま口、巾着袋などアレもコレも迷ったので今回は見るだけ、又の機会にしょうっと。

image.jpg

時間が来たので駅の改札前で更紗さんを待つ
(人身事故?電車の遅れが有ったけどホンの数分の誤差なので気にしない)

祇園は直ぐ近くなので雨に濡れないようなるべく屋根伝いに歩いたけど
結局、この日の雨はシツコくて止みそうもなくて(帰りも雨、最後まで入れて貰う以外は傘はささないまま過ごしたので足が冷たいのだあせあせ(飛び散る汗))

カフェ祇園

image.jpg


カフェオレとチーズケーキを

長く眠っていた「おえかきしんぷるてん」が半歩踏みだしました。
MAO+SARASA=大橋学+松尾更紗 =ふたりで1まいの画が出来上る

まだ詳細は話せないけどMAOの(2ヶ月位前より)あたためていたプランを初めて話す

(気が変わることを恐れて必要以上な進展は決めないで置く)

ちょっとだけいえば【雨️のアメージングANDいろいろ・・・】きらきら

何でも思いつくコトにときめきを感じる
更紗さん( ときめくって良いんじゃない?)

image.jpg ←(MAO撮影)

「いい?じゃあそれも入れよう」

こんな感じでぽんぽんと話しを進めて行けるのっていつも出来るわけでは無くて
お互い忙しいから本当にタイミングが全てなのです
この日のタイミングは雨だが、案外これが良かったのかも知れないね。

image.jpg  ←(更紗さん撮影)
*自然に撮るのが上手い〜(使わせてもらい魔したー☆)


一通りの打ち合わせは出来たので少し早めに「セシウムと少女」完成パーティへ、

試写は又の機会にして先にアートアニメの場所を見て行こうと思ってたら‥

監督の才谷さんが立っていて「あ、今から記者会見の発表をします、行きましょ〜」と
なだれ込むようにユジクの上映室へ二人で入って行った!


この日の夕の第二ラウンドのはじまりです。。☆ (続きの秘話はらむど夢幻にて)

image.jpg ←ユジク阿佐谷「セシウムと少女」
*公開は 4/25より〜

記録日 2015ー4/17 マオ ラムド (大橋 学 )

posted by Mao-san at 05:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする