2015年06月28日

◎夢日記 東映とその帰り道


◎夢日記 6月13日 東映とその帰り道

白昼夢?!リアルな夢だった‥

繋がってるけどパートを分けて書こう
その壱

image.jpg

東映動画に行ってた(最後だったからか?)夢の中では終わりで無くて
バリバリ現役?なのでした

image.jpg

階段に知ってる人が(若い女性)居たが‥?トムの時のKすみさんかも知れない
なんで此処に?と思ったがもう覚えて居ないだろうな、と何故か思った、
(そんな感じで数人を見かけた‥)

image.jpg  image.jpg

image.jpg   image.jpg


2階の主だった所を通って歩いてた、その中には電車線路図も張り出されて
「ここはニュースステーションみたい、
こんなコトもやってるんだ〜」と思いつつどんどん奥へと行くと ?
外れた(新館から行くと休館の出口に)一画で丸山さんを見かけた、、
あれっここで仕事してるの?おかしいな

よく見ると川尻さんも居たので挨拶をしたら現在長編進行中らしいのが分かった
何故ここで?も有ったが成り行き上こうなったらそれをリアルに受け止めた
そして良く良く見ると(あれっ?このレイアウト前に俺が描いたヤツだよ‥?)
2枚同トレスするのが(ブレないように)合成にした方が良いか?とか話してた
今更ながら自分の描いた部分的チェックをする羽目になった(笑)

image.jpg   image.jpg

そんなコトをしてる間に若い女の子が見学に来た!川尻さんも俺も気にしてたがその川尻さんを素通りして行っちゃうものだから「何でこっちに案内しない!!)と見学担当者(そんなモノは無いが)に文句を言うと、、
見学には一万円かかるのでコースが有るのだ、と説明された、
(えー1万円なの〜〜)と俺もびっくりしたよw では半分しょうがないねと話すなどしてたら
あれっ?

横にはあの人が座ってた?!



image.jpg ←60年代当時のKKさんと学くん

木村(圭市郎)さんが居たのだ、

どうやら次の打ち合わせの為来たようです。

image.jpg


足元に注目した 靴先が小さく異常に丸いのだ、こんなに小さかったっけ‥?
その足先を気にして覚えながらも邪魔しないようにと 東映を出ることにした
何しろ見るだけで一万円、一万円と(笑)思いながらそっと出て‥

何時もの裏道から帰ることにした。

image.jpg

夢のその弐へ


image.jpg





その弐


東映の裏道りからの帰りみち


image.jpg


(あの仕事、そう言えば請求して無いね〜今度請求しよう 金額わずかでも助かるしね‥)
と、あくまで夢はリアルなのでリアルに考えてる自分がいる‥

この道……
ん?
こんなに狭かったっけ…??草ぼうぼうで
道はばが異常に狭く感じるよ

坂道を登った辺りの左手の角の家が空き家っぼい(二階家)
ガラス越しに映る風景をスマホで撮った
あれっ?このスマホ誰んだ‥??形が大きいよ

誰かと間違えて持って来てしまったのだろうか?

image.jpg

サイレンが音だけ聞こえて来る 多分救急車‥


その先の十字路を過ぎた辺りではもう夕焼けだった
1枚空と自撮りを2枚撮ると写真が怪しい、何故かゴースト(亡霊)が入ってしまいボケる
(これやっぱり自分のじゃ無いみたい‥)

今日はこの先に有る喫茶店に寄ることにしようかな?などとぼんやり考えつつ歩いてたら
一階が倉庫のようで(人の住んでないような)
その家の上の窓に映る雲が美しいので撮ってると空き家と思ってた暗がりから
女の人がこちらを見て(クスッと笑った)

その流れで少し話すことに
(どうもゆーほーらしいのが通ってたので‥)
とかナントカ言って、「そうなのですか?」と女性

反対の空を指さす自分、(あ、あれは?残念航空機編隊のようだ)
この辺は変な所が有りますね?と自分が説明する、

今通った十字路辺りの磁場と霊気が変ですよね?と言ったが
「始めて聞きましたそんな事が言われてたのですかー?」

関心を示してくれるその女性の知り合いの男性(複数人)も混じってその怪しい空間だと言うことと
空のゆーほーの話を紙に書いて説明し始めた辺りで目が覚めた、


image.jpg


何とも何とも鮮明な夢だったのだが目が覚めないとしたら もしかして
その先に何が待ってるのかが とても気になる夢でした。

image.jpg



でも楽しかった、リアル東映動画とその帰りみちの
夢なのでした。

ー 東映とその帰り道 ー(の夢) おわり(笑)

記録 : 6/29 大橋学 (MAO)


続きを読む
posted by Mao-san at 06:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする